ミモザアカシア(6寸)

「ミモザ」とはアカシア属のなかでも、黄色の房状の花をつける種類の俗称です。特にギンヨウアカシアは「ミモザ」として、人気の庭木です。常緑高木で、名前の通りの銀葉が一年中楽しめます。鳥の羽のように軽やかで銀色がかったグリーンの葉と、春先に咲く明るい黄色の花のコントラストが美しい樹木です。

3/8は国際女性デーといって、女性の政治的自由と平等を訴える日として国連が制定しています。この日はイタリアでは「女性の日」とされ、女性への日頃の感謝を込めて、男性から女性へミモザの花を贈る習慣があります。

原産地: オーストラリア南部


科 名: マメ科


開花期: 3月〜4月


用 途: 鉢植え、庭植え


置場所: 日当たりのよいところ、水はけのよいところ


耐寒性・耐暑性: 耐寒性は普通、耐暑性は強い。


病害虫: イセリアカイガラムシ、ミノガ類


管理方法: 水やりは、土の表面が乾いたらたっぷり水を与えます。庭植えで根づいた株は、よほど乾燥しないかぎり特に必要ありません。肥料は、鉢植え、庭植えともチッ素を控えるようにし、開花後にリン酸とカリの多い速効性化成肥料を施します。植えつけ適期は4月から9月。移植は難しいので、植え場所をよく考えて植えつけます。鉢植えは、根がいっぱいになったら、根鉢をくずさないように注意して植え替え、鉢のサイズを大きくします。生育が早く、幹や枝が柔らかいので、庭植え、鉢植えともに幹に添え木をし、庭植えではさらに支柱で支えます。剪定は、花が咲き終わり、茶色くなって花粉が飛散しなくなってから、伸びた枝の切り戻しや、分枝して混み合った枝の間引きを行います。枝を切り戻すときは、必ず新芽か葉、小枝を残した位置で切ります。秋に翌年の花芽を確認しながら行ってもよいのですが、開花させるためには、強く剪定できないことが多いものです。


<6寸ポット苗> 


※写真はお届けする商品の一例です。株には個体差があるため、お届けする商品は写真と異なる場合があります。
実際にお届けする植物には、お花がついていない状態のものもございます。大切に育ててお花を咲かせてください。


※こちらの商品は予約販売です。


  • 2,500円(税込2,700円)